先日、自分への褒美に憧れのトム・フォードのスーツを買ったので簡単に記録しておきます。トム・フォードのスーツを実際に購入したい人の目線で書いたブログは皆無なので、これから購入をする方の参考に少しでもなれば嬉しいです!

Tom Ford (トム・フォード)とは

トム・フォードは2005年に自身が立ち上げたアメリカの高級ブランドです。”力強く、タフでセクシー”をブランドのコンセプトとしており、マスキュリンでセクシーなアイテムが多いのが特徴です。トム・フォードは1994年にグッチのクリエティブ・ディレクターに就任し、当時業績不振に悩んでいたグッチのイメージを刷新、1994年から2004年の10年で売り上げを2.3億ドルから30億ドルまで増加させています。これはファッション界では伝説として語り継がれているそうです。私自身、当時のスカジャンやレザージャケットなどの大ファンでした。(当時は高校生だったので、もちろん買えませんが笑)ファンの間でこれらのアイテムは未だ高値で取引されています。日本ではサングラスが特に有名かと思います.

日本では、東京、名古屋、大阪、神戸に8店舗程あります。路面店はなく、伊勢丹や阪急の中に入っています。

Tom Ford(トム・フォード)のスーツのタイプ

トム・フォードのスーツの特徴は、一言でいうとマスキュリン(男らしい)です。ビルトアップショルダー(肩パットがかっちり入った仕様)、極限まで絞り込まれたらウエストライン及びそれに伴う胸部を強調するライン。鍛え抜かれた男性のボディラインを美しく引き立たせる仕立てです。またチェンジポケット(腰ポケットの上にあるポケット)等のディテイルにも見られる通り、英国的なデザインを残しているのも特徴です。勿論、生地も最高級。イタリアの最高級生地メーカーであるErmenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)と提携しています。007シリーズでジャームス・ボンド演じる、Daniel Craig (ダニエル・クレイグ)が着用していることでも有名です。その少し男らしさを強調しすぎるデザインから、クラシックなスタイルを好む層から総じて批判されるスーツです。アメリカのセレブリティに人気のスーツでもあり、日本では浅野忠信さんが着用しているようです。

店員さんに聞いたところ、既製スーツは、大きく二つのタイプに分けられているようです。何か両方とも名前のタイプがあったのですが、忘れました。。。ここではタイプA,Bと便宜上呼ばさせて頂きます。

タイプA (トム・フォード着用モデル)

典型的なトム・フォードのスーツのモデルです。店員さんがユニフォームとして着用しているのもこのスーツのタイプだそうです。ピークドラぺルでラペルは比較的ワイド、パンツはストレート(人によっては少しフレアにも見えます。)、若干ジャケット丈が長めのデザインです。トム・フォードがグッチ時代に作っていたスーツにも似ています。トム・フォード自身、海外のセレブは大抵こちらのモデルを着用しています。

Neiman Marcusより引用

タイプB (ダニエル・クレイグ着用モデル)

007シリーズ、慰めの報酬、スカイフォール、スペクターの3シリーズでジェームス・ボンド演じるダニエル・クレイグが着ているモデルです。ダニエル・クレイグはプライベートでもこちらのタイプを着用しているようです。ノッチラペル、パンツはタイトストレート、ジャケット丈も短めです。ジェームス・ボンドのモデルはラぺル幅をより狭い仕様にしているようです。

Neiman Marcusより引用

トム・フォードのスーツの値段

どちらの既製モデルも大体税抜き44万円から60万円程度のレンジです。生地及び2ピースか3ピースかで値段が変わります。既製スーツに15%程度上乗せすると、セミオーダーも可能です。まずは上記のタイプのどちらかを選び、次に300種類以上の生地から生地を選択します。最後にボタン、裏地等のディテイルを決めたあと、簡単にサイズを計測し個々にフィットするように仕立ててくれます。いわゆるメイドトゥメジャーと呼ばれるものですね。イタリアで裁縫され、仮縫?が届くまで約2ヶ月のようです。そこから日本で微調整し10日程度で完成とるようです。さらに15%程度上乗せすると、より形、サイズ寸法も自由度があり、フルオーダーに近いかたちのオーダーもできるようです。まあスリーピースを作ると100万円ぐらいになりますけどね(笑)

トム・フォードのお店の雰囲気

日本の店舗は大体どこも同じ雰囲気です。コレクションやシーズン物のアイテム、定番のスーツ、シャツ、ネクタイ、アクセサリーを扱います。スーツに関しては、現行品がネイビー、グレーともに15種類づつぐらいあり、試着や相談も丁寧に乗ってくれます。007モデルもグレー、ネイビーともに一種類づつありました。はじめてのトム・フォードということで、まずは既製スーツを色々と試着させて頂き、タイプ/生地の違い等の説明を受けました。結局、上記タイプBをベースにスリーピースのセミオーダーとしました。合計税抜65万円程度でした。ちなみにメイド・トゥ・メジャーはどのスタッフでも対応できるそうで、予約なしでも問題ないそうです。まあ予約するに越したことはないかもしれませんが。。。次は完成後にまた感想をアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です